他人から見て清潔感のあるスーパーロングの作り方

私の髪は去年まで超スーパーロングヘアーでした。今は事情により切りましたが、身長160センチ弱で、太ももまでありました。

長い髪って、きれいに伸ばさないと、不潔に見えると思います。例えばボサボサの枝毛だらけや、白髪混じりなど。今となっては、懐かしの自慢の私の髪はとにかくみんなが(老若男女構わず。)さわっていい?と言ってくるものであったので、不潔そうには見えなかったのだと思います。勝手に触ってくる人(他人)もいました…。

その髪を保っていたのは、もちろん毎日洗髪します。ただし、地肌をマッサージしながら洗い、髪自体はその泡を滑らせるくらいです。髪の汚れはお湯でほとんど落ちると言われていますが、この洗い方なら、髪の摩擦が減ることに加え、シャンプーの消費量も、ショートカットの人と対して違いません。よく、どれだけシャンプー使うの?と聞かれましたが、そんなことはないのです。

反対に、コンディショナー、トリートメント類は、首より下辺りに使い、手に残った分を頭の後ろの表面に塗るくらいです。これで、シャンプーと、コンディショナーの使用量も同じくらいになり、けして高くつくわけではないのです。

ただし、ドライヤーは30分近くかかっていたので電気代がかかるのと、冬場には、せっかくお風呂につかったのに髪を乾かす間に湯冷めしてしまう、というデメリットがありました。